withCulture

雑記ブログってのが一番厄介

2019年冬アニメレビュー|最終話

f:id:Siki_lis:20190130191545j:plain

2019年冬アニメの視聴を終えたので、気になった作品についてのレビューをしていきます。完走作品が比較的多いシーズンでした。

完走作品一覧(1~5の5段階評価)

魔法少女特殊戦あすか 4

◦風が強く吹いている 4

revisions 1

◦私に天使が舞い降りた!3

◦サークレット・プリンセス 2

◦モブサイコ100II 4

ブギーポップは笑わない 2

◦荒野のコトブキ飛行隊 2

◦賭ケグルイ×× 3

◦ケムリクサ 2

◦転生したらスライムだった件 1

◦どろろ(継)3

◦ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風(継)5

◦ソードアートオンライン(継)1

魔法少女特殊戦あすか

f:id:Siki_lis:20190404222734p:plain

アニメ『魔法少女特殊戦あすか』

唐突に登場するマジカル自白剤やマジカルスパンキングと言ったマジカルワード、容赦のない血飛沫、気の抜けるコメディカルなやりとりと、期待通りにB級街道を全力疾走してくれた良作。
 
2019年冬アニメにおける、来週が楽しみなアニメランキング1位受賞。ただ、万人受けするタイプではなく、人によって激しく好き嫌いが別れると感じた。

 

ツボに入る要素の多い本作だったが、何よりも主人公あすかのキャラクターが自分の嗜好に合っていた。まず外見からして、目元の黒子、切れ長の目、良い。適度に古臭いキャラデザは落ち着く。

 

そして、高校生&兵士として二足の草鞋を履きながらも、あくまで中身は普通の女の子(魔法少女比)であり、生活や精神面の切り替えを懸命に熟なす姿も魅力的だった。魔法少女の"少女"部分にフォーカスする路線いいぞー。

 

メンタルの弱いあすかが頻繁にPTSDを発症したり、仲間を想う余り、胃に穴の空きそうな表情を見せる様もグッときた。戦闘時の凛々しい振る舞いや、日常でのクール口調との対比が熱い。

f:id:Siki_lis:20190404222615p:plain

仕事上の重大ミスに気が付いたOL顔|アニメ『魔法少女特殊戦あすか』

将来的に、薄暗い部屋でテレビを観ながらストロングゼロを一気して欲しい。

 

風が強く吹いている

f:id:Siki_lis:20190406203426p:plain

アニメ『風が強く吹いている』

原作を既読ではあるが、脳の容量不足が原因で殆ど内容を記憶していなかった為、新鮮な気持ちで楽しめた。とにかく丁寧に作られており、原作者がブログで大絶賛するのも頷けるアニメ化だった。

 

f:id:Siki_lis:20190406203521p:plain

ベストショット|アニメ『風が強く吹いている』

一見無関心を装っていた灰二の父が、隠れて駅伝中継を聞き、腕を震わせるシーン...涙を禁じ得ない。

これ以上語る必要ある?ないでしょ。

サークレット・プリンセス

f:id:Siki_lis:20190406205218p:plain

アニメ『サークレット・プリンセス』

最後までサークレットバウトのルールは曖昧な上、競技シーンのクオリティも散々だったが、それは些細な事。元より期待していないので、無問題とすら言えるだろう。謎スポーツ枠に対し、あれもこれもと求めるのは傲慢であり、罪なのだ。

 

適度に可愛いキャラクター、繰り広げられるおっさん臭いノリのギャグ、緩い会話劇、望むのはそれだけ。そういった意味で、本作は十分にその役割を果たしてくれたと言える。まさに適材適所。

 

f:id:Siki_lis:20190406205407p:plain

アニメ『サークレット・プリンセス』

キャラクター面では、優佳、歩(CV.水橋かおり)、ニーナの三人衆が可愛く、中でも歩は、かなりの緩さと癒し効果を持っていた。クソアニメ視聴で荒んだ心に染み渡る...。

荒野のコトブキ飛行隊

f:id:Siki_lis:20190413190511p:plain

アニメ『荒野のコトブキ飛行隊』

ポスト「ガールズ&パンツァー」として重い期待を背負わされてしまった作品。

 

主人公達が元よりプロとして活動しており伸び代が少ない、敵サイドのキャラに美少女要素が皆無と、ガルパンで受けた要素を意図的に削っているのではないかと邪推したくなる点が多かった。その結果として誰も得しなかった気もするが...。

 

戦闘機同士のドッグファイトはよく動いており、迫力満点だった。しかし、終盤の市街地を飛び回るシーンは、動きが過剰で、映像作品と言うよりもゲームのプレイ画面を彷彿とさせるチープさを感じた。

 

ぐちぐちリスト

revisions

思わせぶりな雰囲気を散々醸し出しておきながら何もなく終わった作品。登場人物と視聴者の温度差が激しかった作品ランキング1位受賞。慶作ゥー!おい!慶作ゥー!

 

せめてバイクに颯爽と跨るミロをもっと映して欲しかった。

 

転生したらスライムだった件

まさに虚無。以前「魔法科高校の劣等生」を視聴した時も同じ感想を抱いた記憶がある。基本的に加点方式でアニメを観ているが、評価点が一つとしてなかった。

 

何故最後まで観てしまったのか。その答えは神、リムル様のみぞ知る事。凡夫に理解出来る"領域"ではないのだから、過去を悔いても仕方がない。