withCulture

雑記ブログってのが一番厄介

2019年冬アニメレビュー|第一話

f:id:Siki_lis:20190201003958j:plain

冬アニメの第1話を視聴し終わったので、気になった作品についてのレビューを徒然なるままに。

Index

どろろ

revisions

◦私に天使が舞い降りた!

◦サークレット・プリンセス

◦えんどろ〜

◦五等分の花嫁

ブギーポップは笑わない

◦魔法少女特殊戦あすか

◦荒野のコトブキ飛行隊

どろろ

f:id:Siki_lis:20190119152428p:plain

 

≫Introduction

時は戦国。醍醐の国の主である景光は、ある寺のお堂で十二体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。

時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。そんなある日〝どろろ〟という幼い盗賊は、ある男に出会う。

それは、鬼か人か

両腕に刀を仕込む全身作り物の男〝百鬼丸〟は、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。

どろろと聞くと、実写映画版を思い出す。10年以上前なので、内容は微かにしか覚えていないが、主題歌のフェイクとどろろ役の柴咲コウがやたらとカッコよかった記憶がある。

 

肝心のアニメ版は、古風でしみったれた味のある世界観の中で、スタイリッシュな戦闘が映えており、相当に惹かれる出来。戦闘時に多用される仕込み刀が特に良い味をだしている。

f:id:Siki_lis:20190113172649j:plain

暗器は男の浪漫

また、敵を倒す度に人間に近づき、力を失っていく設定も男心をくすぐる。

 

雰囲気自体に希少価値がある作品は、作画が崩れると同時に世界観への幻想も一気に崩れてしまいがちなので、最後まで頑張ってもらいたいところ。

 

如何せん絵面が地味なので、爆発的人気とはいかなそうだが、個人的には今期1~2を争う期待作。

 revisions

f:id:Siki_lis:20190119154119p:plain

 

≫Introduction

「これは予言よ。あなたたち五人に、いつか大変な危機が訪れるの。そのときみんなを守れるのはあなた」幼いころ誘拐された過去をもつ高校2年生・堂嶋大介は、幼なじみのガイ、ルウ、マリマリ、慶作とともに、不可思議な現象「渋谷転送」に巻き込まれる。渋谷の中心部が跳ばされたのは300年以上先の「未来」。そこで待っていたのは、広大無辺な荒野と森、点在する廃墟…そして、未来人「リヴィジョンズ」と彼らが操る巨大な機械の化け物だった。理由もわからぬまま化け物に蹂躙されていく渋谷を助けようと現れたのは、誘拐事件の大介の恩人と同名で瓜二つの女性・ミロ。彼女は、大介たちだけが操縦できる人形兵器「ストリング・パペット」を提供し、渋谷を守れと促す。誘拐事件の恩人ミロによる予言「仲間を守る運命」を信じて生きてきた大介は、ついに訪れた危機と手に入れた力に歓喜するが、幼なじみ5人の絆は誘拐事件の影響でバラバラとなっていた。孤立した街。未知の敵。未確定な過去と運命の予言。少年少女たちは、「現在(いま)」を取り戻すために「未来」と戦う。必ず、元の時代へ戻る

兎にも角にも、なろう系作品を皮肉ったようなイキリ主人公が目立つ。転送に遭った際も、ついに危機が訪れたか、俺がみんなを守ってみせると意気揚々。こいつ絶対何かやらかすだろ臭が常に漂っており、見守る分には面白い。

 

ただ、この手の作品は往往にして尻すぼみになりがちなので、過度な期待はせずにいきたい。CGの動きに関しては、違和感大きめだが、全体のテンポがいい分そこまで気にならない。

 

f:id:Siki_lis:20190113172727j:plain

美少女×メカの組み合わせはストライクゾーン

今期はいつにも増して、ピンク〜赤髪のヒロインが多く感じる。好きだから嬉しいけどさ。

 

 私に天使が舞い降りた!

f:id:Siki_lis:20190119154315p:plain

 

≫Introduction

オタクで、人見知りな女子大生みやこがであったのは、まさに天使な小学生!?

妹が新しく連れてきた友達の花ちゃんを見た瞬間、ドキドキが止まらなくなってしまったみやこ!!

どうにか仲良くなろうと奮闘するのだが……。

超絶かわいいあの娘と仲良くなりたい系スケッチコメディー、開幕♪

おねロリブーム?前期のうざメイドに続いてまさかの連続登場。ぶっちゃけロリ系は好みでない為、興味は薄い。

 

うざメイドと比較するとキャラクターの個性が圧倒的に薄いので、インパクトは弱いが、その分気楽に観ることが出来る。あちらは、胃もたれ感が激しかったので。

 

メイドといい、今回の引きこもり大学生といい、ロリ系を扱うなら、もう少しアウトローな立場から攻めて欲しいところ。安全地帯に甘えていやしないか?

f:id:Siki_lis:20190119155348p:plain

おね役が可愛いのはアドバンテージ

 サークレット・プリンセス

f:id:Siki_lis:20190119154356p:plain

≫Introduction

AR技術の発展によるMR-ミックスド・リアリティ-システムが普及した近未来。 社会のインフラに浸透したMRシステムは、新しいスポーツを生み出した。

その名もサークレット・バウト!

女子高生の人気スポーツとなったサークレット・バウトは、やがて、 学園だけでなく地域を巻き込むエンターテイメントに急成長、 スター選手は国民的人気者になるほどの盛り上がりを見せるなか、 かつての強豪、今は弱小の聖ユニオン学園に一人の転校生が現れた。

和歌山の山奥からやってきた彼女の名前は、佐々木優佳。 果たして、優佳は聖ユニオン学園の救世主になれるのか!?

小綺麗な女の子達が謎競技に取り組むいつもの。この手の物だと、蒼の彼方のフォーリズムは面白かった。

 

背景が薄いことから、主人公に魅力があるかどうかが特に面白さに影響しやすいジャンルだが、1話を観た限りだとそこまで印象に残らなかった。うーん。競技中の作画も...。うーーん。

f:id:Siki_lis:20190113173036j:plain

なんというか普通...。

文句しか言っていないが、こういう系統の作品は好みに合っているので、ズルズルと観ていくことになるかもしれない。何故か気になってしまうのだ。

 

 えんどろ〜

f:id:Siki_lis:20190119154434p:plain

 

≫Introduction

人々とモンスターが共存してクラス剣と魔法の大陸「ナラル島」。そこには恐ろしい「魔王」が存在していました。

はるかはるかの大昔、ナラル島に現れた魔王を倒した初代勇者それからも、様々な時代で何度もなんども魔王は蘇り、同時にそれに対抗する勇者もまた現れ…。

少女たちは、いつの日か出ずる魔王を倒すべく冒険者学校へ通います。

ちょっと抜けているけど勇者体質の、ユーシャ。生真面目ゆえに苦労が絶えないエルフの聖者、セイラ。食べることが大好きで明るい戦士、ファイ。物静かなヲタク魔法使いの、メイ。

勇者パーティーを目指す4人のいつまでたっても魔王をたおす様子のないゆる〜いファンタジーライフがはじまります。

リリスパに続くなもりキャラデ作品。勇者に倒された魔王がひょんな事からタイムスリップして勇者になる前の少女をどうにかしてしまおうという趣旨の作品。

 

脳に負荷が掛からないアニメ、にしては設定がごちゃごちゃしている。果たして今後活かされていくのだろうか?

 

方向性がまだ掴めていないので、化ける可能性が無くもない。

f:id:Siki_lis:20190113173107j:plain

ピンク&ピンク&ピンク

 五等分の花嫁

f:id:Siki_lis:20190119154502p:plain

 

≫Introduction

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!!しかも五つ子だった!!全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児!

最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!?

毎日がお祭り騒ぎ!

中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

なんだかんだ暖色系の髪色をしたヒロインにハマっているので、それが一度に5人も見れるというのは、お得感がある。

f:id:Siki_lis:20190113173153p:plain

胸のライン、良い

強い声優も相まってみんな可愛い。現時点だと一花と三玖が好み。首のヘッドホンなんだよそれ。可愛いなあ。

 

ラブコメ物は、ハーレムエンドだとしっくりこないし、かといって単独エンドで好きなキャラが負けヒロイン扱いされてしまうと悲しいので、導入時期が一番好きだったりする。オタクはストレスに弱い。

 

 ボギーポップは笑わない

f:id:Siki_lis:20190119154526p:plain

 

≫Introduction

竹田啓司は、同じ学校の後輩でもある恋人の宮下藤花を待っていた。 しかし約束の時間が過ぎても彼女は現れず、連絡も通じない。 日も暮れ始め、あきらめて帰ろうとした竹田の視界に涙を流しながらふらふらと歩く男の姿が映る。 どう見ても普通ではない男の姿に、竹田自身も、そして周囲の人間たちも我関せずを決め込んだそのとき、 不思議な人物が男に駆け寄ってくる。 大きなマントに身を包み、奇妙な帽子を被った不思議な人物。 ソレは竹田との待ち合わせをすっぽかした宮下藤花と同じ顔をしていて……。

墓荒らし枠に相当するが、比較的しっかりと作られている印象。作品全体に漂うアノマリー感に惹かれる。悠木碧の中性的な演技は、こういった作風によくマッチするなと感心。

 

時系列や視点は頻繁に変化するが、わかりにくい程ではない。入れ替わり立ち代わる様はバッカーノ!を彷彿とさせる。

 

 

そういう作品でないことは理解しているが、地味なキャラデザが可愛らしい。

f:id:Siki_lis:20190113173230p:plain

見分けにくいとも言う

世間的にはあまり評判がよろしくないようだけど。

 

 魔法少女特殊戦あすか

f:id:Siki_lis:20190119154607p:plain

 

≫Introduction

伝説。神話。魔法。

科学の発展とともに忘れ去られた、もう一つの世界と、人類はついに邂逅を果たす。だが、その再開は幸福なものではなかった。地冥界より進行する化け物は、現用兵器の多くを無効化し、人類の運命は風前の灯火と思われた。

だが同じく地冥界に苦しめられていた、精霊環境条約機構の助けにより、人類は起死回生の一手を手にする。魔法少女である。強大な魔力を手にした少女達は、心身に多くの傷を負いながらも、人類を勝利に導き、ついに大戦を終結させる。

しかし、それさえも、新たな戦いの始まりに過ぎなかった。国際犯罪、無差別テロ、内戦、紛争…。

魔法少女の戦いは終わらない

世界を救った後の魔法少女がどういった人生を送るのかを描いた作品。洋画にありがちな帰還兵物。実は、一番怖いのは人間でした系。

 

PVを観てB級作品特有の雰囲気に魅かれたので視聴。1話からいい感じにツッコミどころが多く、嗜好が満たされる。スプラッタ魔法少女作品が好きなのも相まって、今後が楽しみ。人にお薦め出来るかと言うと難しいが。

f:id:Siki_lis:20190113173307j:plain

濃い目って可愛いよね

 魔法少女育成計画のラピュセルを思い起こさせるビジュアル。目元の泣きぼくろが実に良い。ミリタリー感を備えたゴスロリ衣装といい、性癖を狙い撃ちしに来ている。

 

 荒野のコトブキ飛行隊

f:id:Siki_lis:20190119154636p:plain

 

≫Introduction

一面の荒野が広がる世界に 空から突然、色々なものが降ってきた。 それらは、人々の生活を急激に変えた。 とりわけ飛行機がもたらした影響は大きく、 以降、世界の潮流は空へと移っていった。

時は流れ、 雇われ用心棒“コトブキ飛行隊”は、 厳しいが美しい女社長、頼りない現場の指揮官、 職人気質の整備班長など個性的な仲間たちと、 お客様の大事な積み荷を守るため、 今日も隼とともに大空を翔けてゆく。

 

肝心のフライトシーンは、それなりの迫力があった。特にパイロットの主観目線で飛ぶシーンはドキドキ物。安っぽい爆発四散がないのも好感。

 

1話で空戦を見せておいて、その後、キャラや世界観を掘り下げるといった構成であることは明らかなので、キャラ周りについては今後に期待。

f:id:Siki_lis:20190114202251j:plain

中々に表情豊か

ミリタリーオタクではないので、結局のところキャラを好きになれるかどうかに命運が掛かっているのだ。